HOME

What's New(新着情報)

メール配信は日常業務

私が最初にPCに触れたのはもう30年位、いやもっと前位からだろうか。当時は電話カプラでIBMの母体PCにつなぎ、ベーシック言語でやりとりしていた。その後、会社にPC本体が導入されたが、たしか
MS-DOSなるものが使われていたように記憶している。

このころはスキルも未熟でほんのお遊びのような使い方しかできなかった。次にWindous3.1が出てきてようやく実用化できるようになったように記憶する。そのころ家庭用PCを購入した。通信は「パソコン通信」なるもので、白い画面に直接文字を入力してやりとりしていた。サーバーはその頃から今に至るまでniftyを利用している。しかい今の若い人達には信じられないくらい幼稚なものだった。

時代は流れ現在の様なメール配信形式になった。現在では仕事はもとより、私事でもメール配信は日課である。会社に出勤すればまずメールを開く、大抵10以上多い時は20位はメール配信されている。
1つずつ目を通し、必要に応じてこちらからも配信する。勤務時間中にも程同数くらいのメール配信がある。

自宅でもメール配信をしている。現在は年賀状以外は手紙・葉書を書くことはまずない。電話は相手の都合を無視して時間を奪い取るため、両親、兄弟、友人とも暗黙の内に、ほぼ禁忌行為となっている。

将来孫が成長し、PCでのメール配信を覚えたら、お互いの出来事や、悩み事、頼み事等を交換できたらいいなと夢見ている。

HOME